PC∞BLADE

アクセスカウンタ

zoom RSS BitComet

<<   作成日時 : 2008/07/08 23:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

BitCometの設定方法!


BitCometを字際に起動させると以下のような画面が表示されます。それでは一緒に見ていきましょう。それではまずBitCometの起動画面をご覧下さい。


画像

それでは実際にBitCometの設定に入っていきましょう。


まずは接続タブを開いてみましょう。
ここではタスクスケジュールの最大同時ダウンロード数は、設定した数だけダウンロードが実行されます。
あまり多くしても完成に時間がかかりますので、速度を見ながら少なすぎず多すぎずの数に設定しましょう。ポートの設定ではポートを開けられる人だけ設定してください。それ以外は監視ポート無しにチェックを入れてください。


画像

次はプロキシタブは抜かす事にします。プロキシについてはブラウザとプロキシについてのページをご覧いただいて各自設定してください。プロキシの種類ではSocksを使用します。


タスクタブを開いてみましょう。ダウンロードの項目で標準のダウンロード先フォルダをクリックして、任意の場所を選んでください。ここにダウンロードしたファイルが格納されます。


パーティーションなどでハードディスクを区切っている場合、システムファイルやプログラムファイルがある¥Cではなく¥Dに適当なフォルダを作り、こちらにダウンロードするように設定しましょう。


画像

次は外観タブを開いてみましょう。


ここの設定ではBitCometを自分なりに使いやすくするようにできる設定項目になります。自分なりに使いやすくなるように設定してみてください。ここでの設定項目は、特に大事な設定はありません。


画像

それでは次はチャットタブの項目は飛ばして、接続の詳細タブを開いてみましょう。UPnPポートマッピング機能を有効にするにチェックを入れます。UPnPポートマッピングはWindowsXPのみ利用できる機能で、ポートの開放を自動でしてくれる機能です。その他の設定は画像を参考にしてください。
画像

次はIPルールタブを開いてみましょう。IPフィルタをかけたい時はここにチェックを入れ、Bitcometフォルダにあるrulesフォルダの中にipfilter.datを上書きして入れます。わからない方は、何もしないで大丈夫です。


こちらはすでに設定済のipfilter.datです。


画像

それでは最後の設定項目になります。ディスクキャッシュタブを開いてみましょう。ここでの設定はディスクキャッシュの設定ですが、よく判らない方はデフォルトの設定にしておいてください。


ファイルをダウンロードするのに記憶しておくスペースの容量と思っていただければいいと思います。


画像

以上でBitCometの設定は終わりになります。簡単ですね。


それではダウンロードに必要なTorrentファイルがなければ、何も始まりませんので、いくつかトラッカーサイトを紹介しますので、実際にトラッカーサイトに行って、自分に合うファイルがあるかいろいろ回ってみるといいでしょう。



BitCometダウンロード先
http://jp.bitcomet.com/doc/download.htm

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
プラダ メンズ
BitComet PC∞BLADE/ウェブリブログ ...続きを見る
プラダ メンズ
2013/07/10 00:13

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
BitComet PC∞BLADE/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる